ケアナノパックの正しい使い方と効果を実感するためのコツ!

ケアナノパックの正しい使い方と効果を実感するためのコツ!

 

ケアナノパックの使い方(手順)はこうなっています。

 

クレンジング(メイクしてる場合) ⇒ 洗顔 ⇒ 化粧水 ⇒ ケアナノパック

 

普段やっていること+ケアナノパックという流れなので、手間が増える感じはないんですが…

 

「面倒くさいからメイクしたままだけどそのまま塗っちゃおうかな…」
「顔洗ってないや、でもそのまま塗っても問題ないでしょ」

 

と、毎日続けていくうちにすこし面倒に感じてしまい手を抜きたくなる瞬間があると思います。

 

でも…正しい使い方をしないとケアナノパックの本来の力を100%発揮できなくなるんです…

 

顔に皮脂や古い角質、ホコリなどがくっついた状態でケアナノパックを使ってもかえって肌荒れしてしまう可能性が高いです。

 

きちんと正しい方法&ちょっとした工夫をしていくことが美肌への最短の道ですよ!

 

【ケアナノパックの正しい使い方!】

@.クレンジング⇒洗顔⇒化粧水の流れで肌を整えて準備をする
A.ケアナノパックを手のひらに出して、おでこ・両頬・鼻の上・あごに点付けしていく
B.顔の中心から外に向かって点付けしたところを伸ばしていく
 ※小鼻は輪郭に沿ってやさしく上から下に伸ばす

【効果を実感するためのコツ!】

・湯船の後でクレンジング〜化粧水
湯船で身体を温めることで化粧水の浸透力がアップします。
湯船で温まる⇒クレンジング⇒洗顔⇒化粧水と済ませて肌をベストなコンディションにしてからケアナノパックを使います。

 

・顔全体に伸ばしたら手のひらで顔を包むようにして抑える(美容成分の浸透を促す)
ケアナノパックを↑の@〜Bのステップで塗ったあと、両方の手のひらで顔を包むようにおさえて美容成分の浸透を促します。
ちなみに、乳液やクリームなどを使う必要はありません。

 

・1回の使用量はちょうど1g(これ以上多くても少なくても効果を実感しにくくなる)
コスパを良くするためにケチッて使ってしまうと、本来の効果を十分に受けれず何日経っても納得できない!なんてことに…
また、多く使っても肌が吸収しきれず肌表面のベタつきにつながるので、量は1gほどが適切です。

 

いくらケアナノパックにトリプルヒアルロン酸、35種類の美容成分などがふんだんに使われているとしても、その力を発揮するには、肌の準備がしっかりできていないといけないです!

 

肌が汚れた状態じゃケアナノパックの成分が浸透しにくくなりますし、雑な使い方は雑にやったなりの結果しか生みません…

 

別にそこまで難しい方法でもなく、ちょっとした工夫でできることなので、あなたがこれからケアナノパックを実践する予定でしたらぜひ活用してください!